Flame and Silence 「焔(ほむら)と沈黙(しじま)」

Flame and Silence
「表象と結合術」より






Op.1  2012   91㎝×73㎝


Op.2  2012-14 130㎝×97㎝









Op.4   2011-2014   117cm×117cm










Op.5  2011 – 2014  130cm×97cm



Op.6  2011 – 2015 117cm×117cm









Op.7 2011 – 2015  194cm×392cm






Op. 9  2012-15   91cm×73cm


Production materials
制作素材

Japanese paper on cotton
* Paper on Panel  

基底材   綿カンヴァスに和紙 アクリル下地    
      *パネルに紙 アクリル下地

Original paint (made from resin,oil and beewax),Oil, Acryl
絵の具   オリジナル絵の具(天然樹脂、油、蜜蝋)、油彩





焔(ほむら)と沈黙(しじま)の日々


大地が咆哮し、海が山のように隆起した日。
星々も定かでない瀝青(タール)で洗われたような大空に
風は沈黙して漆黒の闇を抱いた。
焔はエーテルに漂う地球のように足もなく水面を滑った。
人々は四方に心の灯火を求めたが、眠れぬ夜が膝に覆いをかける。
焔(ほむら)と沈黙(しじま)の日々が訪れたのである。

原爆投下から70年が、そして東日本大震災と原発事故から4年が過ぎようとしていた。これもまた過ぎ去るのだろうか。いかなる人種、いかなる宗教、いかなる地域の人々であれ、眉をひそめ、見えない姿に怯え、一刻も遠くに逃げ去りたいと願うもの。だが、それはいまだ過ぎ去ることなく存在している。それは人々の望みだろうか。
多くの人々と出会い、別れてきた。優れた先輩アーティストたち、松澤宥(まつざわ ゆたか)は原爆ドームの前で戦慄するようなメッセージをその優しい声で朗誦したし、佐藤慶次郎(さとう けいじろう)は若いアーティストに原爆をテーマとするアートとは何かと迫った。二人とも、去った。もはや帰ることはない。だから僕はこんな作品を描いている。



2015年8月
 






掲載されている内容の一部あるいは、全てを許可なく複製または改変することは、
法律によって禁止されています。