Profile and Exhibition / 略歴と展覧会 

   
 

日本語版は英文の後にあります。


UEDA Nobutaka 植 田 信 隆
Profile
BORN
1957  Hiroshima city, Japan

STUDIES
Hiroshima University
University of Applied arts Vienna ( Universität für Angewandte kunst Wien)/Painting class of Adolf FROHNER
Kobe Design University : studied to professor Ryuji TAKAKI
Exhibition
ONE MAN SHOW


1993  Exhibition of Commemorating study in Vienna (The Head office of Hiroshima-Austria Society / Hiroshima)
1994  After Vienna (Nisshin Gallery/Tokyo)
1995  Citorinitas:Yellowing (Kaneko art gallery/Tokyo)
1996  Entelechie (Kaneko art gallery)
1997  "Urformen" (Kaneko art gallery)
1998  Opsis-Physis (Gallery Haku/Osaka)
1999  Crystallography of Turbulent Flow (Kaneko art gallery)
2000  Implicating Rheo Movement (Kaneko art gallery)
2001  UZUME:Metamorphosis of Vortexes (Kaneko art gallery)
2002  Reversed Internal Interface (Alternative art space Para Globe/Tokyo)
2003  Turbulent Nuclear Vector Models (Kaneko art gallery)
2004  Sowing the Wind,Reaping the Whirlwind. (Kaneko art gallery)
2007  Entenrakai:Moving Spairal,Rotating Circles, In memory of Yutaka Matsuzawa (Kaneko art gallery)
2009  Emergence and Movement (Art Space Kimura ASK?/Tokyo)
2010  Monads of Three Voices : InMemory of Keijiro Sato (Art Space Kimura ASK?)
2011  Image and the Art of Combination (Art Space Kimura ASK?)
     UEDA Nobutaka Selection 2003-2011 (Art Space Kimura ASK?P)
2012  Image and the Art of Combination: Empty Vessel (Art Space Kimura ASK?)
2013  UEDA Nobutaka One man show 1 (Fukuya gallery / Hiroshima)
2014  UEDA Nobutaka One man show (Art Space Kimura ASK?)
     UEDA Nobutaka One man show 2 (Fukuya gallery / Hiroshima)
2015  UEDA Nobutaka One man show : Collaboration with Atsushi YOSHIDA, Noh Actor of Kanze school.
    "Invitation to Noh"( Gallery Cafe Yue / Hiroshima)
2016  UEDA Nobutaka One man show : Collaboration with Sencha and Modern Art
     UEDA Nobutaka : Paintings, SATO Keijiro : Moving image of Kinetic art and
     SHIMAMURA Yukitada : Tea ceremony ( Gallery Cafe Yue / Hiroshima)


Atsushi YOSHIDA, Noh Actor of Kanze school.
"Invitation to Noh"( Gallery Cafe Yue / Hiroshima)

SHIMAMURA Yukitada : Tea ceremony ( Gallery Cafe Yue / Hiroshima)
GROUP SHOW


1979   The 4th exhibition of Hiroshima Renaissance art association (Hiroshima prefectural art museum)
1980   Artist Union Symposium (Tokyo metoropolitan art museum)
1993   The 4th poster contest of "Maison Franco-Japonaise" (Sibuya PARCO part2 / Tokyo)
1995   Selection from 1995 to 1996 (Kaneko art gallery)
1996   "Life Here and Now" (Ushibuchi Museum / Ehime Prefecture)
       Selection 1996 (Kaneko art garelly)
1997   "Think about the 21st century"(Ushibuchi Museum)
1998    Space for Meditation : Mandala/Onomichi / Mandala (Onomichi municipal museum of art)
2000   "Katachi U SYMMETORY 2"international symposium (Tukuba University Hall)
2003    Exhibition "S.L.S."( gallery art salonⅡ/ Chiba)
      Exhibition to celebrate publication of Nine Pillars (Gallery 360°/ Tokyo)
2004    Spectacle Iseo Nose 1968-2004: (Kurashiki city museum of art)
      Collaborated with Yutaka Matsuzawa and Iseo Nose.
2004-5   Yutaka Matsuzawa and Nine Pillars : Nine aspects,toward Parinirvana
      (Hiroshima City Museum of Contemporary Art)
2008    The whirpool and memory" Collaborated with Iseo Nose
      (Art SpaceKimura ASK?/Tokyo,Galeria Punto / Okayama)
      Rudolf Steiner and arts (Gallery Satsu / Tokyo)
2010     "The whirpool and memory"(Museum haus Kasuya / Yokosuka)
2011-2    "Marriage of art and science ―UTSUROBUNE"
      Where Do We Come From ? Where Are We Going?
      (Taro Okamoto museum of art / Kawasaki)
2015-6   Opening Exhibition Vol.2 "Dawn of Gods" (Oita Prefectural Art Museum)
2017    "Group show" with Frederic Berger-Cardi, Norio Kajiura, Imi Mora, Karl Mostböck,        Osamu Nakajima, Fritz Ruprechter, Chen Xi (artmark gallery Vienna)
      "Group show" (Jadite Galleries / New York)

Publications,Wrigtings

1998  "Self-organizing Chaos / Works of Nobutaka UEDA 1996-1997"
    "Mandala – Networking of Life and Wisdom"(Exhibition catalogue
    for "Space for Mandala/Onomichi/Mandla)
2000   "Crystallography of Turbulent Flow / Works of Nobutaka UEDA 1997-1999"
     "The Nine Pillars" by 7artists (Yutaka Matsuzawa, Kanji Wakae and others) , a poet (Mitsu Sakura) and a physicist (Sinichi Seike)
2004  "Non-Linear Modern Nobutaka UEDA Paintings and computer graphics 2000-2003", prologue by Yutaka Matsuzawa
2006  "Analysis of Historic Spiral Patterns in the World" collaborated with Ryuji Takaki
    (The International Symposium on Katachi / Form in Folk Arts, Osaka, Japan 2006)
2007  "Analysis of Spiral Curves in Traditional Culuture" Forma Vol.22 Collaborated with Ryuji Takaki.
ARTICLES
Ryu Niimi "Exhibition Review "Monthly Art Magazine Bijyutsu Techo Vol.52, July, 2000
Ryuji Takaki "The leaders who paid their attention to disorder" Parity Vol.17 October,2002
Ryu Niimi "Review Art: An art is seen in order to recapture the World" Gunzo, June,2003


略歴
1957年  広島市に生まれる。
1979年
広島大学教育学部美術科卒業
1980年~2013年、2016~2019年 広島学院中・高等学校l勤務 (留学中の休職ならびに長期研修中の期間を含む) 
1991~2 オーストリア国立ウィーン応用美術大学 (Hochschule für Angewandte Kunst in Wienにてアドルフ・フローナー (Adolf FROHNER ) 教授の絵画クラスに学ぶ。( この間、広島国際文化財団奨学生 )

Adolf FROHNER 1934-2007

「泉のほとりの女たち」1991 部分
20056神戸芸術工科大学大学院研究生として高木隆司特任教授のもとで渦の実験と解析を行う。
2006 伝統文化における文様国際会議 ISKAFA 06 Japan ( 大阪大学 ) にて論文「世界の歴史的渦巻き文様の解析」を高木隆司と共同で発表。
2009年 オーストリア国立ウィーン音楽大学 鍵盤楽器科のロゴを制作
2013佐藤慶次郎 Hi Vision DVD 作品集 “Everything is Expressiveを制作

佐藤慶次郎 SATO Keijiro 1927-2009
2017 豊田和司 処女詩集『あんぱん』表紙をデザイン
2017 秋島芳惠 処女詩集『無垢な時間』表紙をデザイン
  

 展覧会

個展 
1993年 植田信隆ウィーン留学記念展(広島オーストリア協会本部/広島)
1994年 ウィーン以後(日辰画廊/東京)
1995年 キトリニタス/黄色化(かねこ・あーとギャラリー/東京)
1996年 エンテレケイア/根源力(かねこ・あーとギャラリー)
1997年 ウルフォルメン/原形態(かねこ・あーとギャラリー)
1998年 オプシスとフュシス/光輝と質量(ギャラリー白/大阪)
1999年 乱流の結晶学(かねこ・あーとギャラリー)
2000年 織り込まれる流れ運動(かねこ・あーとギャラリー)
2001年 UZUME(かねこ・あーとギャラリー)
2002年 収縮/拡散/反転(Alternative Art Space パラグローブ/東京)
2003年 不穏な原子核ベクトルモデルたち(かねこ・あーとギャラリー) 松澤宥 賛助作品「ヒロシマから59年」 を展示
2004年  風を蒔いて旋風を刈る (アートスペースキムラ ASK?/東京) 松澤宥 賛助作品「その渦に徴を立てよ」他2点を展示
2007年  円転螺廻 ―追悼 松澤宥―(かねこ・あーとギャラリー)

松澤宥  MATSUZAWA Yutaka 1922-2006
ヒロシマから59年
2009年 出現と運動 (アートスペースキムラ ASK?)
2010年 三声のモナド ―佐藤慶次郎の思い出に― (アートスペースキムラ ASK?)
2011年 表象と結合術 (アートスペースキムラ ASK?)、セレクション展 2003-2011 (アートスペースキムラ ASK?(P)

2012年 表象と結合術「宇津保舟」 (アートスペースキムラ ASK?
2013年 植田信隆 絵画展 2013 (福屋八丁堀本店画廊/広島)
2014年 植田信隆 絵画展(アートスペースキムラ ASK?), 植田信隆 絵画展 2014
(福屋八丁堀本店画廊)
2015年 『植田信隆絵画展』と『能への誘い』観世流能楽師 吉田篤史とのコラボレーション (Gallery Cafe 月~yue~/広島
2016年 『煎茶への誘い 植田信隆絵画展』
三癸亭賣茶流若宗匠 島村幸忠、旬月神楽菓匠 明神宜之とのコラボレーション
しつらえとして佐藤慶次郎キネティックアート映像 "Everthing is Expressive" を上映
(Gallery Cafe 月~yue~/広島

主なグループ展
1979年 第四回ヒロシマルネッサンス美術協会展 審査委員特別賞(広島県立美術館)
1980年 アーティストユニオンシンポジウム(東京都美術館)
1993年 日仏会館ポスター原画コンクール展(渋谷パルコパート2東京)
1995年 セレクション1995から1996へ(かねこ・あーとギャラリー)
1996年 第四回公募「広島の美術」展(広島市現代美術館)、「今を生きる」展(牛渕ミュージアム/愛媛県)
1997年 「21世紀を考える」展(牛渕ミュージアム)、セレクション1997(かねこ・あーとギャラリー)
1998年 「観相の空間」マンダラ・尾道・曼荼羅展(尾道市立美術館)
2000年 KATACHI U SYMMETORY 国際シンポジウム(筑波大学会館ギャラリー)、S.L.S.展 (ギャラリーアートサロンⅡ/千葉市)
2004~05年 「松澤宥と九つの柱 ― 九相の未来 ― パリニルヴァーナに向かって」(広島市現代美術館)
2008年 「渦と記憶」(アートスペースキムラ ASK?/東京)(ガレリア プント/岡山)、「ルドルフ・シュタイナーと芸術」(ギャラリー冊/東京)
2010年 「渦と記憶」(カスヤの森現代美術館/横須賀)
2011~12年 「芸術と科学の婚姻 虚舟 私たちは、何処から来て、何処へ行くのか?」(岡本太郎美術館/川崎)
2015~16年 「神々の黄昏」 東西のヴィーナス出会う世紀末、心の風景、西東(大分県立美術館)
2017年 グループ展 Frederic Berger-Cardi | Norio Kajiura | Imi Mora | Karl Mostböck
| Osamu Nakajima |Fritz Ruprechter | Nobutaka Ueda | Chen Xi (アートマークギャラリー/ウィ―ン)
グループ展 (ジェダイトギャラリー/ニューヨーク)
出版物
1998年 「自己組織化するカオス」 植田信隆 作品集 1996-1997
2000年 「乱流の結晶学」 植田信隆 作品集 1997-1999
2003年 オフセット作品集「九つの柱」 (7名のアーティス ト 松澤宥、植田信隆、中ザワヒデキ、宗田光一、伊丹裕、岡崎泰弘、若江漢字、詩人 佐倉密、物理学者 清家新一によるコラボレーション/360°グラフィックス刊)
2004年 「非線形性モダン」植田信隆 作品集2000-2003 (絵画とコンピューターグラフィックスによる作品集) 松澤宥によるプロローグ「その渦に徴を立てよ」を収録、オフセット作品集「消滅するヒロシマに捧げる九つの詩」(松澤宥、能勢伊勢雄とのコラボレーション集)/アカデメイア刊
2007年 “Analysis of Spiral Curves in Traditional Cultures” Forma Vol.22 (高木隆司との共)

「消滅するヒロシマに捧げる九つの詩」
執筆文献
1998年 「自己組織化するカオス」 植田信隆 作品集 1996-1997
2000年 「乱流の結晶学」 植田信隆 作品集 1997-1999 2003年、「九つの柱」 ( 松澤宥、若江漢字, 伊丹裕、植田信隆、 宗田光一、岡崎泰弘、佐倉密、物理学者 清家新一 他によるコラボレーション集/360°グラフィックス刊
2004年 「非線形性モダン」 植田信隆 作品集 2000-2003 ( 絵画とコンピューターグラフィックスによる作品集 ) 松澤宥によるプロローグ「その渦に徴を立てよ」を収録、「消滅するヒロシマに捧げる九つの詩」 (松澤宥, 能勢伊勢雄とのコラボレーション集)/アカデメイア刊
2008年「渦と記憶」(能勢伊勢雄とのコラボレーション集)
2010年『芸術と科学の婚姻 虚舟 UTSUROBUNE』カタログ 「表象と結合術Op.7 Little Boy, Little Girlについて」
20015年 大分県立美術館開館記念展Vol.2 『神々の黄昏』カタログ 「僕の感動してきたもの」
記事及び参考文献
2000年 7月 「展覧会レヴュー」 新見隆 美術手帳 Vol.52   
2002年 10月 「乱れに着目した先達たち」 高木隆司 パリティー Vol.17
2003年 6月 「世界を奪還するために、アートを見る」 新見隆 群像6月号






掲載されている内容の一部あるいは、全てを許可なく複製または改変することは、
法律によって禁止されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください