本文へジャンプ  UEDA Nobutaka Formal Site
  Sato Keijiro and Emily Dickinson


Sato Keijiro and Emily Dickinson

Page

・  1 - 5  
・  6-10  
・ 11-15 
・ 16-20 

・ 21-25 
・ 26-30 
・ 31-35 
・ 36-40 
・ 41-45 
・ 46-50 
・ 51-55 
・ 56-60 
・ 61-65 
・ 66-70 
・ 71-75 
・ 76-80 
・ 81-85 
・ 86-90 
・ 91-95 
・ 96-97






                   佐藤慶次郎とエミリー・ディキンスン  Sato Keijiro and Emily Dickinson 

 

 
全くのかっらぽ 完全な静けさ
駒鳥は巣に鍵をかけ 
飛び立とうとするけれど
たどるべき道行きがわからない
でも およそ噂に聞いた泉の方へ-
習い覚えた業で羽ばたく
真昼へ助けを請おうとしたりしない-
恩恵に与かろうともしない
パンのかけらも 家もない駒鳥の
たった一つの願い-
それは失った家族-

エミリー・ディキンスン (1606番)


 

Quite empty, quite at rest,
The Robin locks her Nest, and tries her Wings.
She does not know a Route
But puts her Craft about
For rumored Springs —
She does not ask for Noon —
She does not ask for Boon,
Crumbless and homeless, of but one request —
The Birds she lost —


Emily Dickinson (1606)

 
  
   
56.10.20 ~56.10.28


 
 


 46ページ






箇裏に帰したもの。(草の露にやどった全月)・36-40 の 38ページ 注欄参照









“一方を証するときは一方はくらし” :

大悲ボサツ用許多手眼作麼
・41-45 43ページ 注欄参照-身心脱落のわれ
手眼ボサツ用許多大悲ボサツ作麼-箇裏に帰したわれ   
   
相即のところ : “あるまま無い、無いままある”

[海中の一滴水の location]
位置のみあって大きさのない点として自己を把握するか?
Circumference によって自己確認するか?ただし、後者の場合は結局〝Bubble″ (水泡)ということになるのではないか?
Cf: (P-1003) 〝Dying at my music! / Bubble! Bubble!″
(P-1379) 〝His eloquence a Bubble / As Fame should be -″
(P-1604) 〝The sagest time to dam the sea is when the sea gone-″
この〝sea″ は〝she″ である。〝water″である。〝to dam″ とは Circumference を設定することである。 Dam すると中はからっぽになる。それは〝Bubble″ である。それを 〝empty nest″(P-
記載なし/1666 ・36-40 の 36ページ 参照) と表現することもできるであろう。
立ち去った Sea はどこへ行ったのか?〝dam″ という表現から考えると、それは、Bubble を包囲していることになるのであるが-。又、Water が立ち去ったとすると〝Bubble″ という表現は妥当でも、〝A Dew″ ということは云えない。E.D.は〝Honey″ と云っているが、〝A Dew″ と〝Honey″ という表現は言いかえとして理解できても、〝Bubble″を〝Honey″と言いかえることは、やや不自然であるように思われる。E.D.は「〝Seen″ が a Sun となるためには〝Disk″ をもたなければならない」(P-
記載なし/参考P- 474) と述べているが、Honey が Disk であるか?そしてそれは、〝Circumference″ であるか?その場合〝Body″ との関係はどういうことになるのか?E.D.は〝Body″と〝Brain″ を切りはなして考えているのかもしれない。しかし,〝 Bee″ とは何か?〝Body″ ではないのか?肉体的存在としての〝me″ を〝Bee″ と見做してもよいか? 
                                                 
                        →

          
 




  “一方を証するときは一方はくらし”



















 
 

 47ページ
 
 
































(P-1291)
〝But let him once suspect 
That Caspian Fact  
Sahara dies
      Contentment die
      Creation die
      His status die
      Standard dinies



(P-1061)
“‥‥
Borne without dissent of
Either
To
the Parish night
Of the Separated Parties

Which be out of sight?


(P-902)
The first Day that I was a Life
‥‥
That last Day that I was a Life
‥‥
"Twas empty —      
but the first
        
Was full          
‥‥
Toward Men
"Which choose I"?
‥‥
"Which choose They"?
‥‥


     
 





































































The sagest time to dam the sea when the sea is gone″ (P-1604)
〝to dam the sea″
 と〝the sea is gone″は同時であると見るべきであろう。要するに、これは還相なのだ。到彼岸を断念して、意識を Body に向けたときだと見てよいのではないか?眼を無限から有限に転じたときであろう。〝Bride of Awe″ が〝Circumference″ をもつことを(=to dam the sea)。Bride が hollowed Knight に所有されることが、時間的に前後する因果関係なのではなくて、それが同時現成であることと同じではないか?“hollowed Knight” とは〝The stem of a departed Flower″ (P-記載なし/1520 ・21-25 の 22ページ 注欄参照)であり、〝silent rank" とはempty nest″(P-1666 )であろう。
                 ↑
〝The stature of the empty nest
Attests
the Bird that’s gone″ (P-1666)




これは〝inundation″(氾濫/編者)であろうか?それとも華於空滅のところか?華於空滅のところと考えられないこともない。 〝Sahara dies″ はそれと同時なのであるか?そのことに気づくのは“内外無隔囗囗二字不明”を実感したあとのことなのである。
これを〝Caspian Fact″ と表現していると考えられないことはない。〝Sahara″ 〝Sea″ あるいは〝Bird" ではなくして
Conferring with myself
My stranger disappeared″ (P-1655
というときのmyselfかもしれない。
           ↑
        Sahara/編者挿入





←〝
myself とstranger
 hollowed Knight
である    
myself とstranger
← 両方消えたわけである。




[P-1655]
Conferring with myself
My stranger disappeared

Though first upon a berry fat
Miraculously fared

‥‥
← To the Parish night
 





 























←  The sea is gone″(P-1604)





←  The sea is gone″(P-1604)











→  Conferring with myself


← the Bird that’s gone″
 〝
The sea is gone″(P-1604)







 
 

 48ページ                                                    
 
   
 


[P-1291]c-1873

Until the Desert knows
That Water grows
His Sands suffice
But let him once suspect
That Caspian Fact
Sahara dies

‥‥













 
 
 

  49ページ
 
 

 


〝Empty the Hearts that purchased you —″ (P-1366A)



(P-1725)
I took one Draught of Life —
I'll tell you what I paid —
Precisely an existence —
The market price, they said.

They weighed me, Dust by Dust —
They balanced Film with Film
Then handed me my Being's worth —
A single Dram of Heaven! 
 
        ↑
これが〝Peru″に相当するかもしれない。
そのためにE.D.は〝an existence″, 〝Being″ を支払ったのだという。ということは、“死んだ”ということである。 Cf. (To die-without dying) (P- 記載なし1017/編者) あるいは、それを手に入れたけれど〝Hearts empty だ″(P-1366) という云い方もできるはずである。〝Empty the Hearts″をこのように解するならば、その“なにもない心”が積極的に価値づけられてはいない、ということになる。又、〝Subtle the Sum / That purchased you″の〝Sum″Peru と Ophir Sum だと解してよいのではないか?
前後にくらべると、(P-記載なし 1525/編者) の時点では、〝Empty the Hearts″が、積極的意義を与えられていると解してもよいのではないか?〝The whole of Immortality intrended within a star″ ↑





〝A single Dram of Heaven″ を“空華の種”と見てよいのではないか?そして、〝Ophir″ は脱落身心であり、〝Sum″ とはPeruOphir Sum 即ち、“一如”の表現ではないか?
〝Of yellow was the outer sky
In yellower yellow hewn″ (P-
記載なし1676/編者)
“なにもない”ところ(Empty the Hearts)が、単に“なにもない”のではなく“十方佛”というのに似た意味を与えられていると解釈する事が出来るのではないか―。とすれば、それは“眼空の花果”である。“真空妙有”、あるいは“空界月”である。(〝Peru″ を“月”と見た方がよいのかもしれない)もしかしたら、〝Empty the Hearts″ と〝Peru″ の相即を〝Sum″ と呼んでいるのかもしれない。                      







 

































 














← (これを *1 空華の種と見ることもできる。)
 















 これは“なにもないもの”であり、〝Empty the Hearts″即ち華於空滅(・36-40 の 36ページ 注欄参照)ののちの、“空華ののちの用”に相当するものであると云えよう。そして、〝Star″は空華の種と見てよいのではないか?




 
 

 50ページ
 
   










imp! Very much!
“見ずして信じる”という“信”の現世は、盲信と区別して考えるべきであろう。“見性”-それは“見ずして信じる”という“信”現成の契機であると云える。この意味においては、“見て”信じるところに“正信”(“心印”)があるわけである。(しかも“信”とは[人間わざ=人間の所為]ではないと云える。)〝Behold said the Apostle yet had not seen!″ はそのへんの消息を示すものであると云えよう。



 
















P-1681
      Sugg.d:(a)
        ↓
Speech is one symptom of Affection
And Silence one —
The perfectest communication
Is heard of none —


Exists and its indorsement
Is had within —

Behold, said the Apostle,
Yet had not seen!



*2 Peter 1.8:
(Whom having not seen,ye love: in whom,
though now ye seen him not, yet believing
ye rejoice with joy unspeakable and full of glory.)



“なにもないもの”の思い出
休歇なる悟迹

“なにもない”をあると錯覚する。“なにもない”をないと了解する。しかし、そこには、“心印”が残る。(休歇なる悟迹)それは、あるまま無いSomething であり、無いままあるSomething である。我と無我が同時に消えたとき、そこには“なにもない”。 しかし、Something が残ったと云えるのである。それを、我と無我の總和と見ることはできる。E.D.において、それらは相互に Neighborhood であるということから、その〝Something″(心印)を〝adjacent sums″ と呼ぶことはできる筈である。又、それを 〝A single dream of Heaven″ と呼んでもよいであろう。-それは〝A single Dram″ と呼べる。しかし、總和を内包しているのである。“おのずから十方佛”である*3 “眼中花”とはこの〝A single dream of Heaven″ と同じ事柄ではないか。そして、それは、“妙有”である。そして、そのあとそこに重要な事柄が生ずる。というのは、この“妙有”は、一切の存在とともに在る(感得される)ということである。一切の存在が“妙有”となるということである。それは、*5 “一翳在眼、空華乱墜” であろう。一翳在眼が佛の保任である。〝Peru″ とは、〝A single Dram of Heaven″ であろう。それを草の露にやどった“全月”と見れば〝Empty the Hearts that purchased you″ は“空界月”のところであろう。“佛道の翳人”の“翳”とは、草の露にやどった“月”のことであるか?そしてその“月”-“翳”-は、真空と相即、すなわち、おのずから“十方佛”なのである。
                         










 “なにもないもない”


 “なにもない” とのコントラストとして “なにもないがある”から “なにもないもない” への転換 (reverse) の瞬間に印せられるもの、それが心印である。
〝indorsement″ とはこの“心印”と同じ消息ではないか?この“心印”は“なにもないもの” の 〝indorsement″ であると云える。ただし、“なにもないもの”を在るとする幻想とは違うのである



























 無情説法
  渓声便是広長舌
  *4 深談実相
       ↑
  実相とは妙有の 謂いならん

  


(P-1003)
Dying at my music!
Bubble! Bubble!

Hold me till the Octave's run!
Quick! Burst the Windows!
Ritardando!
Phials left, and the Sun!


(P-1379)
His Mansion in the Pool
The Frog forsakes —
He rises on a Log
And statements makes —
His Auditors two Worlds
Deducting me —
The Orator of April
Is hoarse Today —
His Mittens at his Feet
No Hand hath he —
His eloquence a Bubble
As Fame should be —

Applaud him to discover
To your chagrin
Demosthenes has vanished
In Waters Green —



(P-1604)
We send the Wave to find the Wave —
An Errand so divine,
The Messenger enamored too,
Forgetting to return,
We make the wise distinction still,
Soever made in vain,
The sagest time to dam the sea is when the sea is gone —

dam 堰き止める、さえぎる、押えるなどの意味がある。

(P-1666)
I see thee clearer for the Grave
That took thy face between
No Mirror could illumine thee
Like that impassive stone —

I know thee better for the Act
That made thee first unknown
The stature of the empty nest
Attests the Bird that's gone.



(P-474)
They put Us far apart —
As separate as Sea
And Her unsown Peninsula —
We signified "These see" —

They took away our Eyes —
They thwarted Us with Guns —
"I see Thee" each responded straight
Through Telegraphic Signs —

With Dungeons — They devised —
But through their thickest skill —
And their opaquest Adamant —
Our Souls saw — just as well —

They summoned Us to die —
With sweet alacrity
We stood upon our stapled feet —
Condemned — but just — to see —

Permission to recant —
Permission to forget —
We turned our backs upon the
Sun
For perjury of that —

Not Either — noticed Death —
Of Paradise — aware —
Each other's Face — was all the
Disc
Each other's setting — saw —


Disk=Disc

(P-1655)
Conferring with myself
My stranger disappeared
Though first upon a berry fat
Miraculously fared
How paltry looked my cares
My practise how absurd
Superfluous my whole career
Beside this travelling Bird




(P-1291)
Until the Desert knows
That Water grows
His Sands suffice
But let him once suspect
That Caspian Fact
Sahara dies


Utmost is relative —
Have not or Have
Adjacent sums
Enough — the first Abode
On the familiar Road
Galloped in Dreams —




(P-1061)
Three Weeks passed since I had seen Her —
Some Disease had vext
'Twas with Text and Village Singing
I beheld Her next

And a Company — our pleasure
To discourse alone —
Gracious now to me as any —
Gracious unto none —

Borne without dissent of Either
To the Parish night —
Of the Separated Parties
Which be out of sight?




(P-902)
The first Day that I was a Life

I recollect it — How still —
That last Day that I was a Life
I recollect it — as well —

'Twas stiller — though the first
Was still —
"Twas empty — but the first
Was full —


This — was my finallest Occasion —
But then
My tenderer Experiment
Toward Men —

"Which choose I"?

That — I cannot say —
"Which choose They"?
Question Memory
!


*1 空華の種
『正法眼蔵』空華巻

涅槃というは、阿耨多羅三藐三菩提(あのくたらさんみゃくさんぼだい)なり。仏祖および仏祖弟子の所在これなり。生死は真実人体なり。この涅槃生死は、その法となりといえども、これ空花なり。空花の根茎枝葉、花果光色、ともに空花の開花なり。空花かならず空果をむすぶ、空種をくだすなり。いま見聞する三界は、空花の五葉開なるゆゑに不如三界、見於三界なり。この諸法実相なり、この諸法華相なり。

(P-1017 )
To die — without the Dying

And live — without the Life
This is the hardest Miracle
Propounded to Belief.



(P-1366)
Brother of Ingots — Ah Peru —
Empty the Hearts that purchased you —
‥‥


*2 新訳聖書 ペテロの手紙
第一章 8 節
あなたがたは、キリストを見たことがないのに愛し、今見なくても信じており、言葉では言い尽くせないすばらしい喜びに満ちあふれています。

*3  眼中花
『正法眼蔵』 空華巻
(たまへん)耶(ろうや)山広照大師いはく、「奇なるかな十方仏、元よりこれ眼中花なり。眼中花を識らんと欲(おも)わば、元これ十方仏なり。十方仏を識らんと欲(おも)はば是れ眼中花にあらず。眼中花識らんと欲はば、是れ十方仏にあらず。此に於て明得(みんて)すれば、過(とが)十方仏に在り。若し未だ明得せずは、声聞作舞し、独覚臨粧す。」 しるべし、十方仏の実ならざるにあらず、もとこれ眼中花なり。十方諸仏の住位せるところは眼中なり、眼中にあらざれば諸仏の住処にあらず。眼中花は、無にあらず有にあらず、空にあらず実にあらず、おのづからこれ十方仏なり。いまひとへに十方諸仏と欲識すれば眼中花にあらず、ひとへに眼中花と欲識すれば十方諸仏にあらざるがごとし。かくのごとくなるゆゑに、明得未明得、ともに眼中花なり、十方佛なり。欲識および不是、すなはち現成の奇哉なり、大奇なり。

*4 深談実相
『正法眼蔵』 諸法実相巻
玄沙院宗一(げんしゃいんしゅういち)大師、参次に燕子(えんす)の声を聞くに云く、
深談実相、善説法要 「深く実相を談じ、善く法要を説く。」 下座「座を下りる。」 尋(つ) いで後に、僧有り請益(しんえき) して曰く、某甲不会 「某甲(それがし)は会(うい)せず。」 師云く、去無人信汝 「去れ、人の汝を信ずること無からん。」
 いはゆる深談実相といふは、燕子ひとり実相を深談(じんだん)すると、玄沙の道ききぬべし。しかあれども、しかにはあらざるなり。参次に聞燕子声あり、燕子の実相を深談するにあらず、玄沙の実相を深談するにあらず、両頭にわたらされども、正当恁麼、すなはち深談実相なり。


*5 一翳在眼、空花乱墜
伝燈録第十則、霊訓章
大宋国福州芙蓉山 (ふようざん)霊訓禅師、初め帰宗 (きっす)寺の至真禅師に参じて問ふ、如是仏 (によぜぶつ) 「如何(いか)ならんか是れ仏。」 帰宗云く、我向汝道(がこうにょどう)、汝還信否(によげんしんぴ) 「我れ汝に向かって道(い)はんに、汝また信ずるや否や。」 師云く、和尚誠言(せいごん)、何敢不信(かかんふしん) 「和尚の誠言、何ぞ敢えて信ぜざらん。」 帰宗云く、即汝便是 「即ち汝便(すなわ)ち是なり。」 師云く、如何保任 (しゅおほうにん) 「如何(いかん)が保任せん。」 帰宗云く、一翳在眼 (いちえいざいげん)、空花乱墜 (くうげらんついす) 「一翳眼に在れば、空花乱墜す。」

掲載されている内容の一部 あるいは、全てを許可なく複製または改変することは法律によって禁止されています。
 
Copyright (C) 2007  UEDA Nobutaka all rights reserved.
 
 
 
Sato Keijiro and Emily Dickinson

Page

・  1 - 5  
・  6-10  
・ 11-15 
・ 16-20 

・ 21-25 
・ 26-30 
・ 31-35 
・ 36-40 
・ 41-45 
・ 46-50 
・ 51-55 
・ 56-60 
・ 61-65 
・ 66-70 
・ 71-75 
・ 76-80 
・ 81-85 
・ 86-90 
・ 91-95 
・ 96-97