本文へジャンプ  UEDA Nobutaka Formal Site
  Sato Keijiro and Emily Dickinson


Sato Keijiro and Emily Dickinson

Page

・  1 - 5  
・  6-10  
・ 11-15 
・ 16-20 

・ 21-25 
・ 26-30 
・ 31-35 
・ 36-40 
・ 41-45 
・ 46-50 
・ 51-55 
・ 56-60 
・ 61-65 
・ 66-70 
・ 71-75

・ 76-80 
・ 81-85 
・ 86-90 
・ 91-95 
・ 96-97






                   佐藤慶次郎とエミリー・ディキンスン  Sato Keijiro and Emily Dickinson 


 
 

美から離れ去ってしまうことなど- 誰にもできない-
美は無限だから
そして美との上っ面の同一化がなされる以前に
有限であるための力は止んだ

エミリー・ディキンスン (1474番)
 

Estranged from Beauty — none can be —
For Beauty is Infinity —
And power to be finite ceased
Before Identity was leased.

Emily Dickinson (1474)


 
  

   
56.10.20 ~56.10.28


 


 61ページ                                                56,10,25





We(まま) ate and drank the precious Words —
      (P-1587/編者)











His mind of man, a secret makes
I meet him with a start
He carries a circumference
In which I have no part —
      (P-1663/編者)

 

Nature relishes the Pinks
Which she was taught to eat —
              P-1641/編者)


The Bearer from an Emerald Court
Of a Despatch of Pink.
               
 (P-1520/編者)














In the beginning was the word,
and the Word was with God,
and the Word was God.

The Gospel of John )




 










       Pink, lank and warm —
         P-1670/編者)

Pinks - Word
Emerald court - reservoir
            (P-1806/編者)
silent rank - P.t
          
(P-1520/編者) 
    
 
 

 62ページ
 
 











Light (“and the life was the light of men”)

       (P-754)
My Life had stood — a Loaded Gun —
In Corners — till a Day
The Owner passed — identified —
And carried
Me away —
      ↑
“God took him”(P-1342)
            







             不易 →




























My Life had stood — a Loaded Gun —
In Corners —
(P-754/編者)

*1 In him was life ; and the life was the light of men. And the light shineth in darkness; and the darkness comprehended it not.
Bible (NewTestament) 編者St John1:4^5.


〝a single human Heart″ とは、lightdarkness が未分化の状態か、まだ、the darknessthe light shineth を理解しない状態であろう。

〇〝the darkness″が〝the darkness″自身を知る

〝The Auctioneer of parting″ (P-1612) 
               
 
 Lightdarkness parting であるか?

a single human Heart Tworange するとは、身心脱落と脱落身心に分れるということに相当する。いわゆる、分別知における“二元性”(相対性)(dualism)とは違うと云うべきであろう。
the light(=life)があることと無いこと。
the darkness″は、the light の有無にかかわらず、一貫しているベースである。the light の去来それが生死である。    〝the darkness″を絶対無とすれば、それは覚知覚了にあらずである。それをどのように把握するか?

The Perfectest communication is heard of none (P-
1681編者)
The object absolute – is nought (P-
1071偏者)

                      →

 
 

 63ページ                                                    
 
   
 



















〝Bisecting Messenger —″
(P-1411)

〝The Auctioneer of Parting
(P-1612)
〝The Bearer from an Emerald Court
Of a Despatch of Pink.″
(P-1520 )

〝A Vagabond for Genesis″
(P-1569)
 
(Sorcerer)




「But Angels have that modest way
To screen them from Renown.」(P-1570)

Shame is the shawl of Pink
In which we wrap the Soul
To keep it from infesting Eyes —
The elemental Veil
Which helpless Nature drops‥‥」(P-1412)










 
 

  64ページ                                              
 
 



Ward″ あるいは “Poem″ と見做すこともできる。
  
P-1654)
Beauty crowds me till I die
Beauty mercy have on me
But if I expire today
Let it be in sight of thee —



Crowd : vt ① 押す、押しやる(push, shore
② に押し込む、つめ込む(press closely together, cram)
③ あふれるほどにする。いっぱいにする
ME : crowd(en), OE : crude(en), OE : crūden , to press, hurry ]
④ 『話』(うるさく)せがむ、(press, urge)
強要する(dun

     
 






P-1474]c.1879

Estranged from Beauty — none can be —
For Beauty is Infinity —
And power to be finite ceased
Before Identity was leased.


Sugg.ch. (Creased-leased)
   Before Identity was Creased.
(4] when Fate incorporated us -

   leased -
(P-1474 の Variant /4行目以降が異なっている/編者))




God - なにもない/もない
Word - ある

Renown, Fame
あるまま無い、無いままあるもの
Word (In the beginning was the word)
Word-God (and the Word was with God)
Word was God (and the Word was God
) (ヨハネ福音書/編者)
     ↑
WordGod の相即のところを〝Renown″ と呼んでいるのかもしれない。

unknownthe whole-Sum-であるとも云える。
           
   Life (=Light) のSum.

imp!
自己を〝darkness″ と見れば adjacent sums を〝the whole″ である Light, Light の全体、Life の全体と見ることができる。それは “生命的生命” である。この “生命的生命” を “自己” として受けとるのが禅佛教なのである。これを自己に対する〝adjacent″ であると認めるということは〝darkness″ が “自己” であると認めるということである。 〝darkness″ とは“死”である。“涅槃” と云ってもよい。「To die-without the dying(P-1017) とはこのところである。しかし、“涅槃” を対象化している段階は、まだ真の〝To die″ ではないのである。“涅槃” を向こう側に見ることを止めるとき、“自己即涅槃” となる。それが真の 「To die-without the dying」 である。
                                            → 次


 



Beauty″ とは、“それ” である。いわば「*1 本来の面目坊の立姿」である。


 
 

 65ページ
 
 











E.D.における〝Miracle″とは、このことであろう。
それは、“往即還、還即往”という〝Reverse″
機微である。“*3 向上の関棙子/編者挿入”とはそれかもしれない。(向上即向下)(佛向上事)
Lad of Athens, faithful be
To Thyself,  ← 真実の自己
And Mystery—
All the rest is Perjury—」

(P-1768) c.1883?
















前 →

その “転換” の現成は、“往相即還相・還相即往相” としての現成である。“*2 大死一番・絶后蘓息”とは、その転換の “機微” を表現するものである。その “転換” の要(かなめ)は、“機微” と呼ぶにふさわしいものである。
空花在眼、一翳乱墜 - 通身是手眼
一眼在空、衆翳乱墜 - 遍身是手眼

This is the hardest miracle.」 とは、その消息を述べるものであろう。その転換によって、「And live – without the life」 が現成する。それは、涅槃となって-(without the life)-、生きること-(live)-である。“活動する涅槃”(岡田先生)、“能動的無”(久松真一)とは、その“自己”の謂いである。さて岡田先生は、「キリスト教の神とは“生きているありのままの自分”の投射影であろう」と云われる。これは“生命的生命”を“自己-われ-”として受けとる-(自覚する)-か、あるいはそれを相対化して、非我なるもの-神-として認識するかということである。


“生きているありのままの自分” とは “衆生即佛” という存在である。佛とは “翳” であり、それは、“十方佛” である。そして “十方佛” とは何かについて、禅師(道元禅師/編者)の云うところは、
「しるべし、十方仏の実ならざるにあらず、もとこれ眼中花なり。十方諸仏の住位せるところは眼中なり、眼中にあらざれば諸仏の住処にあらず。眼中花は、無にあらず有にあらず、空にあらず実にあらず、おのづからこれ十方仏なり。いまひとへに十方諸仏と欲識すれば眼中花にあらず、ひとへに眼中花と欲識すれば十方諸仏にあらざるがごとし。」(空華p.155)











 































 imp!
The whole of Immortality intrenched
Within a star —
(P-1525)
Of Yellow was the outer Sky
In Yellower Yellow hewn
Till Saffron in Vermilion slid
Whose
seam could not be shewn.」(P-1676)
       ↑
Seam″ が shown されるとは、“眼”-心眼-が開くということではないか?

  
 
(P-1641)
Betrothed to Righteousness might be
An Ecstasy discreet
But
Nature relishes the Pinks
Which she was taught to eat —



(P-1587)
He ate and drank the precious Words —

His Spirit grew robust —
He knew no more that he was poor,
Nor that his frame was Dust —



(P-1520)
The stem of a departed Flower
Has still a
silent rank.
The Bearer from an Emerald Court
Of a Despatch of Pink.



(P-1670)
In Winter in my Room
I came upon a Worm —
Pink, lank and warm —
But as he was a worm
And worms presume
Not quite with him at home —
Secured him by a string
To something neighboring
And went along.
‥‥



(P-1806)
Of Life to own -
From Life to draw -
But never tough the
reservoir -


(P-1663)
His mind of man, a secret makes
I meet him with a start
He carries a circumference
In which I have no part —


Or even if I deem I do
He otherwise may know
Impregnable to inquest
However neighborly —



(P-754)
My Life had stood — a Loaded Gun —
In Corners
— till a Day
The Owner passed — identified —
And carried Me away —
‥‥


*1 ヨハネによる福音書
第一章4‐5節
言葉の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。

(P-1612)
The Auctioneer of Parting

His "Going, going, gone"
Shouts even from the Crucifix,
And brings his Hammer down —
He only sells the Wilderness,
The prices of Despair
Range from a single human Heart
To Two — not any more —



(P-1681)
Speech is one symptom of Affection
And Silence one —
The perfectest communication
Is heard of none —


Exists and its indorsement
Is had within —
Behold, said the Apostle,
Yet had not seen!



(P-1071)
Perception of an object costs
Precise the Object's loss —
Perception in itself a Gain
Replying to its Price —

The Object Absolute — is nought —
Perception sets it fair
And then upbraids a Perfectness
That situates so far —



(P-1570)
Frever honored by the Tree
Whose Apple Winterworn
Enticed to Breakfast from the Sky
Two Gabriels Yestermorn.

They registered in Nature's Book
As Robins — Sire and Son —
But Angels have that modest way
To screen them from Renown.



(P-1412)
Shame is the shawl of Pink
In which we wrap the Soul
To keep it from infesting Eyes —
The elemental Veil
Which helpless Nature drops

When pushed upon a scene
Repugnant to her probity —
Shame is the tint divine.



(P-1411)
Of Paradise' existence
All we know
Is the uncertain certainty —
But its vicinity infer,
By its
Bisecting
Messenger —



(P-1569)
The Clock strikes one that just struck two —
Some schism in the Sum —
A Vagabond for Genesis
Has wrecked the Pendulum —


Sorcerer 魔法使い

*1 本来の面目坊の立姿
『一休道歌』
本来の面目坊が立ち姿
    一目見しより恋とこそなれ


ME 中世英語
OE
Old English

*2 大死一番・絶后蘇息
鈴木大拙著 『仏教の大意
大死一番絶後に蘇息する 即ち、我ら日常の生活に死ぬること。

(P-1768)
Version1
Lad of Athens, faithful be
To Thyself,
And Mystery—
All the rest is Perjury—


Version2
Lad of Athens faithful be to thyself and mystery—
All the rest is perjury—



*3 向上の関棙子
『正法眼蔵』 仏向上事巻
牛頭山の法融禅師は、四祖下の尊宿なり。横説・豎説、まことに経師・論師に比するには、西天・東地のあいだ、不為不足なりといえども、うらむらくはいまだ向上の関棙子 (かんれいす) をしらざることを、向上の関棙子を道取せざることを。もし従上来の関棙子をしらざらんは、いかでか仏法の邪正を辨会 (はんうい) することあらん。ただこれ学言語の漢[人間]なるのみなり。しかあれば、向上の関棙子をしること、向上の関棙子を修行すること、向上の関棙子を証すること、庸流 (凡庸な者) のおよぶところにあらざるなり。だが真箇 (真実) の功夫あるところには、かならず現成するなり。

(P-1525)
He lived the Life of Ambush
And went the way of Dusk
And now against his subtle name
There stands an Asterisk
As confident of him as we —
Impregnable we are —
The whole of Immortality intrenched
Within a star —




掲載されている内容の一部 あるいは、全てを許可なく複製または改変することは法律によって禁止されています。
 
Copyright (C) 2007  UEDA Nobutaka all rights reserved.
 
 
 
Sato Keijiro and Emily Dickinson

Page

・  1 - 5  
・  6-10  
・ 11-15 
・ 16-20 

・ 21-25 
・ 26-30 
・ 31-35 
・ 36-40 
・ 41-45 
・ 46-50 
・ 51-55 
・ 56-60 
・ 61-65 
・ 66-70 
・ 71-75
 
・ 76-80 
・ 81-85 
・ 86-90 
・ 91-95 
・ 96-97