本文へジャンプ  UEDA Nobutaka Formal Site
  Sato Keijiro and Emily Dickinson


Sato Keijiro and Emily Dickinson

Page

・  1 - 5  
・  6-10  
・ 11-15 
・ 16-20 

・ 21-25 
・ 26-30 
・ 31-35 
・ 36-40 
・ 41-45 
・ 46-50 
・ 51-55 
・ 56-60 
・ 61-65 
・ 66-70 
・ 71-75 
・ 76-80 
・ 81-85 
・ 86-90 
・ 91-95 
・ 96-97






                   佐藤慶次郎とエミリー・ディキンスン  Sato Keijiro and Emily Dickinson 


 
 

私たちが怖れるもの全て それは沈黙である
身代金を支払っても取り返したい声がある-
しかし沈黙は無限である
それ自身には顔がない

エミリー・ディキンスン (1251番)
 

Silence is all we dread.
There's Ransom in a Voice —
But Silence is Infinity.
Himself have not a face.


Emily Dickinson (1251)


 
  

   
56.10.20 ~56.10.28


 


 66ページ                                                







 

“*1 翳によって眼を現成せしむ”
           ↑
これは結局 “帰来のわれ” である。それは、脱落身心とひとつになって、いわば “あるまま無い、無いままある” ものとなる。それが “佛眼” である。

To wane without disparagement
In a dissembling hue
That would not let the Eye decide
Did it abide or no  (P-記載なし P‐1390参照)

この叙述は “あるまま無い、無いままある” の消息を伝えるものであろう。そこのところが〝The last flower″であると断言しているのである。E.D.が意識化した〝Flower″は、〝In a dissembling hue″に〝To wane″
・11-15 の 12ページ 注欄 L-486 参照) したわけである。それが〝The last flower″だと結論したわけである。それが、〝Scientist of Faith″としてのE.D.の結論だというのである。ここには実になみなみならぬ自身がある。



 

“佛眼が開かれること、“佛眼を把持することを佛道修行のゴールとするならば、それはいわば〝the last flower″ である。薔薇を求めた騎士のロマンスのHappy End である。E.D.のロマンスはここに幕を閉じられるわけである。しかし、E.D.には、成就した筈のロマンスの結末をその眼で実際に見ることが、未だ残されているというわけである。

    
 
 

 67ページ
 
 






     



      Concordance
  







[P-1550]c.1882
The pattern of the sun
Can fit but him alone
For
sheen must have a Disk
To be a sun —



sheen - glory

sheen それ自体 - 身心脱落、十方佛
a Disk - 脱落身心


胡椒の実 - 脳に似ている






“ 十方佛の住位せるところは眼中なり、眼中にあらざれば、諸佛の住処にあらず。” ・61-65 の 65ページ 本文参照
 
 

 68ページ                                                    
 
   
 


   All - Concordance 




これは、“佛”をぬけたところ

-如是-であろうか?

Whoever disenchants         
A single Human soul

By failure of irreverence
Is guilty of the whole.

As guileless as a Bird
As graphic as a star
Till the suggestion sinister
Things are not what they are —
P‐1451 編者]

この〝suggestion sinister″ を〝Snake″による suggestion と考えることもできるのではないか?
〝I was afraid and hid myself″
 
        ↑
〝Conferring myself ″のところであるか?あるいは、〝Neglecting me″であるか?
このときStrangerdisappeared するわけであるが、〝Pebble″ を投げたとき〝Goliah(まま)と共に myself も fell したわけであるが (P-540 編者 )、両者はおなじところと見てよいのではないか?

固まりをはずすこと、即ち華於空滅-身心脱落-のところではないか?華於空滅のままでは、海中に落ちて拡散した一滴水のように、自己が The whole の中に消えて、その location が見失われている。

“In guilty of the whole” とは“欲識十方佛”のことかもしれない。

“Demosthenes has vanished
In the waters Green” (P-
1379編者)
もこのへんの消息と云えるかもしれない。又、(P-248) も参考になるであろう。

The Drop, that wrestles in the Sea —
Forgets her own locality —
As I — toward Thee —

She knows herself an incense small —
Yet small — she sighs — if All — is All —
How larger — be?

The Ocean — smiles — at her Conceit —
But she, forgetting Amphitrite —
Pleads — "Me"?

           [P‐284 編者]



 
 

  69ページ                                              
 
 

 







[P-1655]c.

Conferring with myself
My stranger disappeared

Though first upon a berry fat
Miraculously fared
How paltry looked my cares
My practise how absurd
 (編者挿入)
Superfluous my whole career
Beside this travelling Bird



[P-540] c.1862

I took my Power in my Hand —
And went against the World —
'Twas not so much as David — had —
But I — was twice as bold —
(編者挿入)
I aimed by Pebble — but Myself
Was all the one that fell —

Was it Goliath — was too large —
Or was myself — too small?



[P-1290] c.1873
The most pathetic thing I do
Is play I hear from you —
I make believe until my Heart
Almost believes it too
 (編者挿入)
But when I break it with the news
You knew it was not true
I wish I had not broken it —
Goliah — so would you —
 ↑
(P-1655)の〝Stranger" である。


 




 同じところである。
I aimed by Pebble — but Myself
Was all the one that fell —

[P-540


→ 同じ感慨が見られる。
 I wish I had not broken it

 [P‐1290
 
 

 70ページ
 
 








Cf :              
“Lives he in any other world
My faith cannot reply
Before it was imperative
'Twas all distinct to me —
(P‐1557)







P1690]年代不明

The ones that disappeared are back
The Phoebe and the Crow
Precisely as in March is heard
The curtness of the Jay —
Be this an Autumn or a Spring
My wisdom loses way

One side of
me the nuts are ripe
The other side is
May.

imp!
生きている ありのままの自分”を〝meと呼んでいるのであろう。
          
The nuts (me)  May
   ↓
生命の実
“信”あるいは“信印”と見ることもできる。











←〝disappear したものたちが戻っている″




 この〝me″ の位相は、〝Circumference″ であると云ってよいのではないか?それは両面を持っていると云えるわけである。      
この時点のE.D.は既に〝An- ignorance, not of Customs″ という〝Circumference″ にこだわっていない筈である。

それとも“身心一如”の両面であるか?
その場合〝May″ を 〝Maiden″ 〝The nuts″ を 〝Peru″ (pear)に相当するものと見てよいのではないか?


  
  *1 翳によって眼を現成せしむ
『正法眼蔵』 空華巻
いま、帰宗道の「一翳在眼 (いちえいざいげん)、空花乱墜 (くうげらんついす) (一翳眼に在れば、空花乱墜す。)は保任仏の道取なり。しかあればしるべし、翳花の乱墜は諸仏の現成なり、眼空の花果は諸仏の保任なり。翳をもて眼を現成せしむ、眼中に花果を現成し、空花中に眼を現成せしむ。

(P-1390) 参考
These held their Wick above the West —
Till when the Red declined —
Or how the Amber aided it —
Defied to be defined —

Then waned without disparagement
In a dissembling Hue
That would not let the Eye decide
Did it abide or no —























(P- 1379)
His Mansion in the Pool
The Frog forsakes --
He rises on a Log
And statements makes --
His Auditors two Worlds
Deducting me --
The Orator of April
Is hoarse Today --
His Mittens at his Feet
No Hand hath he --
His eloquence a Bubble
As Fame should be --
Applaud him to discover
To your chagrin
Demosthenes has vanished
In Waters Green --



(P‐248)
Why — do they shut Me out of Heaven?
Did I sing — too loud?
But — I can say a little "Minor"
Timid as a Bird!

Wouldn't the Angels try me —
Just — once — more —
Just — see — if I troubled them —
But don't — shut the door!

Oh, if I — were the Gentleman
In the "White Robe" —
And they — were the little Hand — that knocked —
Could — I — forbid?




(P- 540)
I took my Power in my Hand- And went against the World- 'Twas not so much as David-had- But I-was twice as bold- I aimed by Pebble-but Myself Was all the one that fell- Was it Goliath-was too large- Or was myself-too small?


















(P-1655)
Conferring with myself
My
stranger disappeared
Though first upon a berry fat
Miraculously fared
How paltry looked my cares
My practise how absurd
Superfluous my whole career
Beside this travelling Bird













 (L-268)
(July 1862)
T. W. Higginson
‥‥
Perhaps you smile at me. I could not stop for that - My Business is
Circumference - An ignorance, not of Customs, but if caught with the Dawn - or the Sunset see me - Myself the only Kangaroo among the Beauty, Sir, if you please, it afflicts me, and I thought that instruction would take it away. ‥‥

ヒギンスン宛ての手紙より。
「‥‥私の仕事は円周を巡る線(周辺)です、慣習を知らないのではなく‥‥」

掲載されている内容の一部 あるいは、全てを許可なく複製または改変することは法律によって禁止されています。
 
Copyright (C) 2007  UEDA Nobutaka all rights reserved.
 
 
 
Sato Keijiro and Emily Dickinson

Page

・  1 - 5  
・  6-10  
・ 11-15 
・ 16-20 

・ 21-25 
・ 26-30 
・ 31-35 
・ 36-40 
・ 41-45 
・ 46-50 
・ 51-55 
・ 56-60 
・ 61-65 
・ 66-70 
・ 71-75 
・ 76-80 
・ 81-85 
・ 86-90 
・ 91-95 
・ 96-97