本文へジャンプ  UEDA Nobutaka Formal Site
  Sato Keijiro and Emily Dickinson


Sato Keijiro and Emily Dickinson

Page

・  1 - 5  
・  6-10  
・ 11-15 
・ 16-20 

・ 21-25 
・ 26-30 
・ 31-35 
・ 36-40 
・ 41-45 
・ 46-50 
・ 51-55 
・ 56-60 
・ 61-65 
・ 66-70 
・ 71-75 
・ 76-80 
・ 81-85 
・ 86-90 
・ 91-95 
・ 96-97






                   佐藤慶次郎とエミリー・ディキンスン  Sato Keijiro and Emily Dickinson 

 
 

夜中一匹のクモは縫い上げた
白い弧の上で
灯りなしに

それが貴婦人のひだ襟だったか
地の精の経帷子だったかは
彼のみぞ知る

不滅の生の営みのための
彼の戦略は
観相術

エミリー・ディキンスン (1691番)

 

A Spider sewed at Night
Without a Light
Upon an Arc of White.

If Ruff it was of Dame
Or Shroud of Gnome
Himself himself inform.

Of Immortality
His Strategy
Was Physiognomy.

Emily Dickinson (1691)


 
  
   
56.10.20 ~56.10.28


 


  21ページ








これを Circumference と同じものと考えてよいのではないか?
"No Hand hath he" ということは、Mittens のなかにはなにもない
pit(P-1712参照/編者)ということの示唆であるか?
それとも、「
That Hand is amputated now」(P-1551)というような事柄と関係があ
るか?







[Feet]
  *1 Concordanceで調べる

E.D. の"Feet"とは、脱落身心の“Body”ではないか?

          Concordanceで調べる
                     
 「His Mittens at his Feet/ No Hand hath he
 
-」               (P-1379)
     ↑         ↑
   Silent rank  - The stew
 Circumference - hallowed Knight


   

  

 







 "Fame has no Arms-"(P-1531)

  「I dare not ask my Feet」-(P-1712)

 

 22ページ
   







それは、ひとたび立ち現われて、消えたものである。
両生類である 〝The Frog"
は、compromise (どっちつかず)なものの象徴として用いられていると考えられる。
The Frog あるいはFame とは、circumference の意識の背后に実有として想定された“或るもの”であろう。
そのことを circumference の相対化(実体化)と呼んでもよいであろう。
それは "departed Flower" (P-1520/編者 ) と同じものであろう。

 












P-1379

   「His Mansion in the Pool
   The Frog forsakes —
   ‥‥
   His eloquence a Bubble
   As Fame should be —
   Applaud him to discover
   To your chagrin
   Demosthenes has vanished
   In Waters Green —


「No Hand hath he」  ← Imp! 「Fame has no Arms」(P-1531)





 








 




 The Frog
は、"Fame" だということである。


 


  23ページ
   



















E.D.にとって、"Faith" とは、
(具体的な営みとしては、) “なにもないFace” というそのPhysiognomy を即ち、"Circumference"Disk- を保持することではないか?
それは、"constant prayer" である。そして、意識面から意識されている "prayer" が消えたとき、"pure prayer" の状態に移るわけである。要するに "Disk" が消えるわけである。
        

E.D.の内的過程の解析にあたり、constant prayer から pure prayer への移行という、角度からも、比較考察すること。
 





















           衆生
            
自己が佛となって自己を導く
      
     解脱
   
無我の我。我から無我への架け橋。ボサツ。
〇 空-empty-を観念しないのが真の空 -empty-である。
そこに、自ら(おのずから)“空が空を知る自知する)”という消息がある。 
 
“真空妙有”とはそのところではないか?

*2 秋月氏秋月龍珉氏/編者)は著書(公案、十牛図の項)の中で、“真空無相”は直ちに“真空妙有”と述べており、それは“色是色”のところを示しているように読めるのであるが。-?
   
              ×

意識と無意識の間に橋を架ける(*3 ラジネーシ)          
Faith — is the Pierless Bridge
Supporting what We see         
Unto the Scene that We do not —
Too slender for the eye

It bears the Soul as bold
As it were rocked in Steel
With Arms of Steel at either side —
It joins — behind the Veil

To what, could We presume
The Bridge would cease to be
To Our far, vacillating Feet
A first Necessity.    (P-915)C・1864








 
















  “冷暖自知”という発言は、
  この自知を示唆しているのでは-?



無意識の意識
無分別の分別
 
 


  24ページ
 


"His eloquence a Bubble
As Fame should be – " (P-1379)









Pier [pir / pi∂]
n :

① 埠頭、桟橋、波止場
② 橋脚、橋台
③ 角柱
④ 窓間壁
⑤ (門、戸を支える)支柱、門柱、戸柱
⑥ 積柱:(Arch参照)
⑦ 防波堤(break water)
[ME : pere,
earlyME : per
= AL : pera(pierofa bridge)]


非思量 → 安楽の法門    ←
(Smileは安楽の法門)
◎ 座禅は身体でする“祈り”(非思量)である。
Smileも身体でする“祈り” 吽 - とすることができる。




pillow (Eider-Ducks) [p-記載なし/754 編者]
Body
(衆生)と考えることができる。
 














































 

imp!
   "Fame has no Arms"
          ↓
   "No Hand hath
he"  (P-1379)





 
[P-1531]C1881

Above Oblivion’s Tide there is a Pier
Nay-lift themselves –
Fame has no Arms- And but one smile-that meagres Balms-」
         
②《文語》好意、恩恵、恵み
(favor of kindly regard)
"Smile" という行為を circumference の営みとすることはできる。それは一種の “pray” である。
非思量、 吽
*4 無功用行としての - 吽

      
Smile - Dimple (P-1489) c-1880
A Dimple in the Tomb        →
Makes that ferocious Room
A Home
   
“ 安心”のところ
to pause
to escape










 
































 




 この "he" 即ち "Frog" は、"Fame" である。あるいは "Fame" に相当するものである。
    Fame – Renown
       (翳人)

Cf:[P-記載なし1520/編者
 「The stem of a departed Flower
 Has still a silent rank

 Fameは”Angel”であるということも考えられる。 Cf:[P-1570]
B
ut Angels have that modest way
To screen them from Renown.


has no Arms(編者挿入)
    ↑
Angel wing をもつ。
Armを持っているかどうか?)
Arms-alms

LifelessのBody
 


  25ページ
     







人が“自己“とよんでいるものはなにか? 人は、“自己“という言葉において、持続的な不変なる者を観念している。人間の肉体、考え方、感じ方、これらは、変化するものである。とすれば、不変なる者という意味においてそれを“自己“と呼ぶことは妥当ではない。それでは、“何を”自己と呼んでいるのか?人が自己と呼んでいる“持続的に不変なる者”それは*5“涅槃妙心”である。人は、それを自己と呼びつつ、しかも自己と呼んでいるものを知らない。何故なら、“自己とは何か?“と問うとき、人は分別識(観念)上の対象として、自己を知ろうとするからである。そして、分別識上に相対化される自己とは、自己の抽象にほかならない。それは、抽象的に規定された自己に過ぎないのであって、自己と呼んでいる“そのもの自体”ではないのである。人が“自己”と呼んでいるものは、“涅槃妙心”である。しかし、それにもかかわらず、それは、“修せざるには顕われず、証せざるに得ることなき”ものなのである。佛教のいわゆる“根本事実”、“根本的な教え”、とはこのことであろう

 

E.D.は、安心立命という視点から実感(=現成底)を検証し、その時々の到達底に論理を与えようと努めたわけである。ただ、安心立命という視点からと云っても得処到達点の優位性の検証にあたっての比較対象は、それ囗囗(二字不明/以前ではないかと思われる)の到達底に限られているわけである。要するに先は見えないわけである。

*6 本来の面目坊は、 屋裏主人公、“色”の自己は、いわばその出店である。出店は色々模様替えをするが、主人公は不変である。



   
 

*1 Concordance
作家の用語索引のこと。

(P-1379)
His Mansion in the Pool
The Frog forsakes —
He rises on a Log
And statements makes —
His Auditors two Worlds
Deducting me —
The Orator of April
Is hoarse Today —
His Mittens at his Feet
No Hand hath he —

His eloquence a Bubble
As Fame should be —
Applaud him to discover
To your chagrin
Demosthenes has vanished
In Waters Green —


hath haveの古語

(P-1531)
Above Oblivion's Tide there is a Pier
And an effaceless "Few" are lifted there —
Nay — lift themselves —
Fame has no Arms —
And but one smile — that meagres Balms —


(P-1520)
The stem of a
departed Flower
Has still a silent rank.
The Bearer from an Emerald Court
Of a Despatch of Pink.




(P-1712)
A Pit — but Heaven over it —
And Heaven beside, and Heaven abroad,
And yet a Pit —
With Heaven over it.

To stir would be to slip —
To look would be to drop —
To dream — to sap the Prop
That holds my chances up.
Ah! Pit! With Heaven over it!

The depth is all my thought —
I dare not ask my feet —
'Twould start us where we sit
So straight you'd scarce suspect
It was a Pit — with fathoms under it —
Its Circuit just the same.
Seed — summer — tomb —
Whose Doom to whom?

(P-1551)
Those — dying then,
Knew where they went —
They went to God's Right Hand —
That Hand is amputated now
And God cannot be found —

The abdication of Belief
Makes the Behavior small —
Better an ignis fatuus
Than no illume at all —



*2 秋月龍珉(1921-1999)
禅学者、倫理学者、埼玉医科大学名誉教授。在俗の修行者として禅の修行を終え、50歳を過ぎて妙心寺派僧籍に入る。

*3 ラジネーシ(バグワン・シュリ・ラジニーシ1931-1990)インドの霊的指導者・神秘思想家。仏教や禅などに関する講話も多く行った。

Dimple えくぼ
ME 中世英語の略記
alms 施し

* 4 無功用行 報いを求めず、無目的で働く、無我の行為を無功用行という。

 阿吽の吽

(P-1570)
Forever honored by the Tree
Whose Apple Winterworn
Enticed to Breakfast from the Sky
Two Gabriels Yestermorn.

They registered in Nature's Book
As Robins — Sire and Son —
But Angels have that modest way
To screen them from Renown

.

P-1489)
A
Dimple in the Tomb
Makes that ferocious Room
A Home —


(P-754)
My Life had stood — a Loaded Gun —
In Corners — till a Day
The Owner passed — identified —
And carried Me away —

And now We roam in Sovereign Woods —
And now We hunt the Doe —
And every time I speak for Him —
The Mountains straight reply —

And do I smile, such cordial light
Upon the Valley glow —
It is as a Vesuvian face
Had let its pleasure through —

And when at Night — Our good Day done —
I guard My Master's Head —
'Tis better than the
Eider-Duck's
Deep
Pillow — to have shared —

To foe of His — I'm deadly foe —
None stir the second time —
On whom I lay a Yellow Eye —
Or an emphatic Thumb —

Though I than He — may longer live
He longer must — than I —
For I have but the power to kill,
Without — the power to die —


*5 涅槃妙心
『無門関』 第六則 世尊拈花
本則
世尊昔霊山会上(りょうぜんえじょう)に在りて、花を拈(ねん)じて衆に示す。
是の時衆皆黙然たり。惟迦葉尊者のみ、破顔微笑す。
世尊云く、吾に正法眼蔵、涅槃妙心、実相無相、微妙の法門、不立文字、 教外別伝有り、摩訶迦葉(まかかしょう)に付属す。


*6 本来の面目坊
『一休道歌』
本来の面目坊が立ち姿
  一目見しより恋とこそなれ




掲載されている内容の一部 あるいは、全てを許可なく複製または改変することは法律によって禁止されています。
 
Copyright (C) 2007  UEDA Nobutaka all rights reserved.
 
 
Sato Keijiro and Emily Dickinson

Page

・  1 - 5  
・  6-10  
・ 11-15 
・ 16-20 

・ 21-25 
・ 26-30 
・ 31-35 
・ 36-40 
・ 41-45 
・ 46-50 
・ 51-55 
・ 56-60 
・ 61-65 
・ 66-70 
・ 71-75

・ 76-80 
・ 81-85 
・ 86-90 
・ 91-95 
・ 96-97