本文へジャンプ  UEDA Nobutaka Formal Site
  Sato Keijiro and Emily Dickinson


Sato Keijiro and Emily Dickinson

Page

・  1 - 5  
・  6-10  
・ 11-15 
・ 16-20 

・ 21-25 
・ 26-30 
・ 31-35 
・ 36-40
 
・ 41-45 
・ 46-50 
・ 51-55 
・ 56-60 
・ 61-65 
・ 66-70 
・ 71-75 
・ 76-80 
・ 81-85 
・ 86-90 
・ 91-95 
・ 96-97






                   佐藤慶次郎とエミリー・ディキンスン  Sato Keijiro and Emily Dickinson 

   



 

蔑みの風切り羽で
魂は遙かかなたまで飛ぶことができる
鳥類学で名を挙げられた
どんな羽よりもー
それは このあさましい肉体を
その愚鈍さからふわりと浮き上がらせる-
電気を帯びた風のなかを - 操って
体は魂-
同じ糸に導かれながら-
不死性にとって
このような細い糸を捨て去ることは
どんなにか些細なことだろう-

エミリー・ディキンスン (1431番)


 

With Pinions of Disdain
The soul can farther fly
Than any feather specified
in Ornithology —
It wafts this sordid Flesh
Beyond its dull — control
And during its electric gale —
The body is a soul —
instructing by the same —
How little work it be —
To put off filaments like this
for immortality

Emily Dickinson (1431)
 
  
   
56.10.20 ~56.10.28


 
 


 26ページ










〝myself″ と 〝Me″。それは親類関係、あるいは友人関係にあるわけであるが、時として、あるいはむしろしばしばその関係は敵対関係を示すと云える。
〝mysel″ と〝Me″ という関係を保持しつつ、自己が自己を導くことの困難さについて*1 岡田先生は“八百長”と云う。要するに親の欲目、良いところを見て、悪いところからは眼をそらすということである。
それにくらべると、自分が自己であるときには、ごまかしがきかないのである。

   

  

 









  27ページ
  Consummate : 
Adj. : 完全な、この上ない、神技の、実にみごとな (complete, perfect, supremely, skilled, superb)
Fee:


このHeFame であるか? →
        sugg.ch (seek) ↗








          sugg.ch (by) →





sugg.ch (what little act it be.)


Disdain :
vt. ①軽蔑する。侮る。さげすむ。(treat with contempt, despise, scorn)
② (気にとめたり行ったりする)価値がないと考える。(think unworthy of )潔よしとしない(consider beneath oneself
n. (とるに足らないと考えるものに対する)軽べつ、べっ視、さげすみ、侮べつ(haughty, contempt, scorn
Syn.(類似語/編者) vt. 
①:contemn spurn  
n. contemptuousness, haughtiness, arrogance,
superciliousness, contumely → contempt





P-1584
The Tent is listening,
But the Troops are gone!

   
”Empty the Harts"
“なにもない心”-
Me Myself もない。-”空虚”(衆生も佛もいない)
Renown - unknown
  Me    Myself




























 



[P-1427] → 次項
To earn it by disdaining it
Is Fame's consummate Fee —
He loves what spurns him —
Look behind — He is pursuing thee.




[P-1431]
With Pinions of
Disdain
The soul can farther fly
Than any feather
specified
in
Ornithology —
It wafts this sordid Flesh
Beyond its
dull — control
And during its electric gale —
The body is a soul —
instructing by
the same
How little work it be
To put off filaments like this
for immortality



この時点(The body is a soul —/編者挿入)におけるE.D.の得処がどのようなところであるかはともかくとして
"The body is soul"と云うならば
"The Soul is body"ということが一面としてあるわけである。
そして重要なことは、しかも、SoulSoulであり、BodyBodyであるということである。
それは“*2 脱落身心”と“*3 身心脱落”ということである。




"The Body is soul" というならば
"The Soul is Body" といえる面を見のがしてはならない。
しかも、SoulSoul であり、Body Body だということが重要である。

      
 








 




  
 何に対するDisdainか?
   Concordanceを調べる
←  Sugg.ch (suggestive chapter/
   編者)
 (shuns)






 何に対するDisdainか?
   Concordanceを調べる

sugg.ch (ratified, certified)



sugg.ch (slow)
sugg.ch (spell/stay/might/
  act/span)
 sugg.ch (itself)

 


  28ページ
 




〝I know his eye
Where e’er I play
Is pushing close behind" (P-1496)

全く同じ構造であると云えよう。










  〝Twas empty"(P-902)






















(前項最初の詩/編者)

[P-1427]c.1877
To earn it by disdaining it
Is Fame's consummate Fee —
He loves what spurns him
Look behind — He is pursuing thee

So let us gather — every Day —
The Aggregate of
Life's Bouquet
Be Honor and not shame —
(後半 編者挿入)


この〝me″は〝Body″かもしれない。
          ↓
〝Neglecting me"     〝He″
     ↓            ↓
思量底の不思量によって、不思量底の思量が現れる。〝Buret, the window" の体験によって、一切が消える。そしてそこにはBody が残っている。これは脱落身心である。そして、この〝Body" を自己として受けとる。
[P-1003]で〝phials" と呼ぶものは、それであろう。〝Body" に戻ったとしてもその時点では、"T was empty" と云っても、“思量底の不思量”がまだ充分ではないので“不思量底の思量”、〝He"が継続する。
〝He is pursuing thee" はそのへんの消息である。要するに、He あるいはthe Sun を手に入れた(to earn) ということである。これは “身心脱落” を “われ在り” とするのとは違って、それは他者として相対化されているのである。脱落身心の方がわれなのである。その Body を me-less Body と見做す理由は He あるいはSun を観念する限り、〝me″の観念は同時には顕われない、というところである。要するに、He を観念することが me(の観念) を、Body から除くことなのである。me He も同一レベルの観念であるが、〝He″ Body とは結合しないわけである。それが、脱落身心のからくりである。



















 このときまでは、こちらが him
  lovebeg- していたわけである。

cf : (P-1314/編者)
〝When a lover is an Owner"
〝When a lover is a Begger"
(P-1219/編者)
〝Love’s transmigration"
         
このLover" とはSoul と見るのが妥当のようである。そして、“Owner” とはBody〝Owner" ということかもしれない。E.D.の場合、概ねBody に自己を置いているようである。
P-1314)はさらに慎重に検討すべきであるが‥‥。






 
 


  29ページ
 

 


















































[P-1336] imp!

Empty the Hearts that purchased you- 
↑ 心身脱落から脱落身心を見た場合

Subtle the Sun /That purchase you
↑ 脱落身心から身心脱落を見た場合


〝A Foe whom I have never seen″ (P-1549)
〝Parting with thee reluctantly″ (P-1614)
〝That we have never met,″


“決して逢わなかった‥‥”ということは、直接的に見たわけではないが“何もない意識面-Disc?-によってその背后に或る人格的な存在想像したということかもしれない。その“なにもない意識面”をそのまま人格的存在に見立てたのが 〝white in habitant″(未詳)かもしれない。Foe, Friend, Stranger, company, bird‥‥同じものであろう。
そのなにもない意識面を 〝Door″ と呼んでいるのかもしれない。そして身心脱落の“なにもない”の意識を〝Burst the window" で、それが破れて Door の外へ、さまよい出したときに、Circumference を知ってAweとひとつになって、海の中の A drop のように、自分の Location がわからなくなった。という風に解することができる。E.D.はそこのところを Body をはなれた Soul Awe とひとつになること、即ち、死後の状態と考えたかもしれない。→





 
































 




 
 


  30ページ
     






E.D.
の〝To die without Dying″ P-1017/編者),身心脱落のことかもしれない。

その状態を、海中の一滴水としてイメージしたかもしれない。

Brideを観念するとき、いわゆる〝Me"Bride にとってかわられてしまうので、この場合の〝Me" はmyself 自体を〝Me"と呼んでいることになる。というより“身心一如”の自己を〝Me"と呼ぶことになる筈である。身心一如の自己か、"Me"の内容としてイメージされている筈である。

 
























 
 

*1 岡田先生
岡田利次郎(1915-1994)
佐藤慶次郎の禅の修行に大きな影響を与えた医師。慶応大学医学部の先輩にあたる。「正法眼蔵解読」「座禅のすすめ」などの著書がある。


(P-1584)
Expanse cannot be lost —
Not Joy, but a Decree
Is Deity —
His Scene, Infinity —
Whose rumor's Gate was shut so tight
Before my Beam was sown,
Not even a Prognostic's push
Could make a Dent thereon —

The World that thou hast opened
Shuts for thee,
But not alone,
We all have followed thee —
Escape more slowly
To thy Tracts of Sheen —
The Tent is listening,
But the Troops are gone!


*2 脱落身心
 『三祖行業記』(日本の曹洞宗における初祖道元禅師・二祖懐弉禅師・三祖義介禅師の3人の伝記)から道元禅師とその師天童如浄禅師との会話。
天童五更坐禅、堂に入って巡堂して、衲子の坐睡を責めて云く「参禅は必ず身心脱落なり。祗管に打睡して什麼か作さん」と。師聞いて、豁然として大悟す。早晨に方丈に上って、焼香礼拝す。天童問うて云く「焼香の事、作麼生」と。師云く「身心脱落し来たる」と。天童云く「身心脱落、脱落身心」と。師云く「這箇は是、暫時の伎倆、和尚乱りに某甲を印すること莫れ」と。童云く「吾、乱りに你を印せず」と。師云く「如何なるか是、乱りに印せざる底」と。童云く「
脱落身心」と。

*3 身心脱落 『正法眼蔵』「三昧王三昧」巻
先師古仏云く、参禅は、身心脱落なり。祇管に打坐して始得ならん。焼香・礼拝・念仏・修懺・看経を要せず。あきらかに仏祖の眼睛を抉出しきたり。仏祖の眼睛裏に打坐すること、四五百年よりこのかたは、ただ先師ひとりなり。震旦国に斉肩すくなし。打坐の仏法なること、仏法は打坐なることをあきらめたるまれなり。たとひ打坐を仏法と体解すといふとも、打坐を打坐としれる、いまだあらず。いはんや仏法を仏法と保任するあらんや。


(P-1314)
When a Lover is a Beggar

Abject is his Knee —
When a Lover is an Owner
Different is he —

What he begged is then the Beggar —
Oh disparity —
Bread of Heaven resents bestowal
Like an obloquy —


(P-1219)
Now I knew I lost her —
Not that she was gone —
But Remoteness travelled
On her Face and Tongue.

Alien, though adjoining
As a Foreign Race —
Traversed she though pausing
Latitudeless Place.

Elements Unaltered —
Universe the same
But Love's transmigration —
Somehow this had come —

Henceforth to remember
Nature took the Day
I had paid so much for —
His is Penury
Not who toils for Freedom
Or for Family
But the Restitution
Of Idolatry.



(P-1496)
All that I do
Is in review
To his enamored mind
I know his eye
Where e'er I ply
Is pushing close behind

Not any Port
Nor any flight
But he doth there preside
What omnipresence lies in wait
For her to be a Bride


(P-902)
The first Day that I was a Life
I recollect it — How still —
That last Day that I was a Life
I recollect it — as well —

'Twas stiller — though the first
Was still —
"
Twas empty — but the first
Was full —

This — was my finallest Occasion —
But then
My tenderer Experiment
Toward Men —

"Which choose I"?
That — I cannot say —
"Which choose They"?
Question Memory!



(P-1003)
Dying at my music!
Bubble! Bubble!
Hold me till the Octave's run!
Quick! Burst the Windows!
Ritardando!
Phials left, and the Sun!


(P-1549)
My Wars are laid away in Books —
I have one Battle more —
A Foe whom I have never seen
But oft has scanned me o'er —
And hesitated me between
And others at my side,
But chose the best — Neglecting me — till
All the rest, have died —
How sweet if I am not forgot
By Chums that passed away —
Since Playmates at threescore and ten
Are such a scarcity —



(P-1614)
Parting with Thee reluctantly,
That we have never met,

A Heart sometimes a Foreigner,
Remembers it forgot —



(P-1017)
To die — without the Dying

And live — without the Life
This is the hardest Miracle
Propounded to Belief.


掲載されている内容の一部 あるいは、全てを許可なく複製または改変することは法律によって禁止されています。
 
Copyright (C) 2007  UEDA Nobutaka all rights reserved.

 
 
 
Sato Keijiro and Emily Dickinson

Page

・  1 - 5  
・  6-10  
・ 11-15 
・ 16-20 

・ 21-25 
・ 26-30 
・ 31-35 
・ 36-40
 
・ 41-45 
・ 46-50 
・ 51-55 
・ 56-60 
・ 61-65 
・ 66-70 
・ 71-75 
・ 76-80 
・ 81-85 
・ 86-90 
・ 91-95 
・ 96-97